骨盤ガードルのはき方、あなたは重ねばき派?1枚ばき派?

骨盤ガードルのはき方、あなたは重ねばき派?1枚ばき派?

皆さんの中で「骨盤ガードル」は下着というイメージでしょうか、それとも下着とは別物というイメージでしょうか。

ガードル自体に馴染みがないと、骨盤ガードルはさらに下着とはかけ離れた存在に感じる人もいるかもしれませんね。

そのため、普通のショーツをはいて、その上に骨盤ガードルを、と重ねばきをするという人もいるでしょう。

ただ、ショーツと重ねるというはき方をすると、気になる点もいくつか出てきませんか?

  1. 特に暑い季節は蒸れやすいのではないか
  2. ショーツと組み合わせると、ズレるなどはき心地が悪いのではないか
  3. ラインがアウターに響き、不格好なパンツラインになってしまうのではないか

それでも、ショーツ感覚でガードル1枚だけではくのは、衛生的な面で抵抗があるという方もいると思います。

重ねばき1枚ばき、どちらが正しいはき方なのでしょうか。

今回はそんな骨盤ガードルの気になる正しいはき方と、1枚ばきと重ねばきの違いをご紹介していきます。

 

 

骨盤ガードルのはき方の基本

girdle_how_2

そもそもガードルとはヒップアップやお腹周りの引き締めなど、体のラインを整えるためにはくもの。

骨盤ガードルは一般的なガードルに、骨盤を整えるベルトの要素をプラスしたものです。

そのため、引き締め感が普通のショーツより強く、はきづらい、はくまでが大変…という方もいるでしょう。

まずは骨盤ガードルの基本的なはき方を知っておきましょう。

骨盤ガードルの正しいはき方3ステップ

骨盤ガードルは次の3つのステップではくと、正しくスムーズに、そして効果も感じられるはき方ができますよ。

はき方ステップ①布を折り返す

ガードルはお腹まわりもカバーする作りになっているため、股上が深くなっています。

そのままの状態ではこうとすると、太ももやお尻でつっかえてうまくはけない、ということがよくあるでしょう。

また、無理やり引き上げてしまうと、爪が引っかかって破れやすくなる原因にもなります。

これらを避けて正しくはくには、まずお腹の部分を外側に折り返して、股上を浅くした状態を作ることが必要です。

スムーズにはけるように、布を折り返すひと工夫をしましょう。

はき方ステップ②ウエストを整える

骨盤ガードルをはいたら、折り返していた布を元に戻します。

この時、あるべき位置縫い目がきているか、鏡などでチェックしましょう。

おへその部分にくる布が、左右どちらかにズレてはいませんか?

縫製が正しい位置にきていないと、はき心地が悪くなってしまいます。

お腹の中心部分、背中の中心部分がズレていないか、前後ともに位置を調整しましょう。

はき方ステップ③お尻を形成する

ステップ②でズレがないか確認したら、次はお尻を形成しましょう。

お尻の気になるぜい肉や垂れてしまっている部分を、ガードルに手を入れて自分で引き上げるのです。

お尻と太ももの境界線があいまいな「ぽってりお尻」も、このステップで解消しておきましょう。

骨盤ガードルはただはくだけでなく、自分でお尻のラインを形成するというイメージを持っておくと、より効率的なはき方ができます。

骨盤ガードルを正しくはくための5つのポイント

以上のステップで骨盤ガードルがはけたら、正しくはけているかどうか、次の5つのポイントをチェックしてみましょう。

チェックポイント①ウエストの位置

骨盤ガードルをはいて、横から見た時のウエスト部分に注目して下さい。

前後のウエストライン水平になっていますか?

前や後ろのどちらかだけに引っ張られてしまっていると、違和感があるはずです。

チェックポイント②ウエストの幅

骨盤ガードルをはいた時のウエストの締まりは適切でしょうか?

食い込みすぎて苦しい場合や、ゆるみがでている場合はサイズが合っていない可能性があります。

チェックポイント③鼠径部(そけいぶ)のくいこみ

足の付け根である鼠径部もチェックしておきましょう。

くいこんでいたり、布が浮いていたりしていませんか?

チェックポイント④お尻の形

骨盤ガードルをはいた後のお尻のラインを見てみましょう。

はく前よりもヒップアップされているでしょうか?

どちらかだけお尻のお肉が落ちていませんか?

気になるなら再度、ステップ③で行ったように、手でお尻の形を整えましょう。

ポイント⑤全体のズレや裾

最後に、骨盤ガードルの重なっている布がめくれていないか、裾部分があがっていないかチェックしましょう。

骨盤ガードルには縫製のラインが見える造りになっている場合が多いので、このラインが左右対称に見えているか確認して下さい。

 

 

骨盤ガードルのはき方は2種類!あなは重ねばき派?1枚ばき派?

girdle_how_3

骨盤ガードルの正しいはき方が分かりましたが、やはり気になるのはショーツの上から重ねばきしてもいいのか、1枚ばきでもいいのかという点ですね。

その答えですが、なんと重ねばきでも1枚ばきでも、どちらでも問題はないようなのです。

しかし、それぞれのはき方にメリットもあればデメリットもあるので、それを把握しておきましょう。

骨盤ガードルのはき方①重ねばき

骨盤ガードル重ねばきのメリット

重ねばきのメリットとしてまず挙げられるのは、衛生面での安心感でしょう。

オリモノや急な生理がきたときにも対応できるので、重ねばきを選ぶ女性が多いのも事実です。

生理中は生理用ナプキンを付ける場所がガードルにないことがほとんどので、サニタリーショーツの上にはくと安心ですね。

骨盤ガードル重ねばきのデメリット

デメリットは蒸れや肌のかぶれの心配があるという点です。

夏場はもちろん、冬場でも骨盤ガードルを重ねばきすることで蒸れてしまうことはあります。

蒸れるとニオイが気になってしまいますよね。

また、デリケートな部分なので、肌が敏感な方は蒸れによる肌のかぶれ、肌荒れも出やすいです。

その他、重ねばきすることでショーツの跡がついてしまったり、ショーツの裾がめくれ上がりが気になってしまうこともあるでしょう。

骨盤ガードルのはき方②1枚ばき

骨盤ガードル1枚ばきのメリット

骨盤ガードルを1枚ばきすると、ラインがしっかり出るパンツスタイルでも二重にラインが出たり、ごわごわしたりする心配が不要です。

1枚ばきを推奨しているガードルの場合は、ショーツとしての機能もついており、デリケートゾーンに直接触れても安心な素材を使っていることがほとんど。

また、蒸れが少なく軽快さも感じられるでしょう。

大きく動くときも、ショーツとガードルのズレを気にする必要もありません。

トイレに行くときも1枚ばきの方が重ねばきより楽という人もいるようです。

骨盤ガードル1枚ばきのデメリット

骨盤ガードルを1枚ばきすると、縫い目部分がデリケート部分に擦れて、痛みを感じるという人もいるようです。

また、衛生面が気になり、素肌に直接ガードルをはくことに抵抗を感じることが多いようです。

 

 

骨盤ガードルの重ねばきと1枚ばき、効果に違いはある?

girdle_how_4

骨盤ガードルの1枚ばきと重ねばきのメリットとデメリットは分かりましたが、骨盤ケアの効果の面でみるとどちらが有効なのでしょうか。

重ねばきをしてしまうと、効果が薄れるのでは?と心配になる方もいますよね。

どちらのばき方が効果的なのか、違いを調べてみました。

効果に違いはない

なんと、骨盤ガードルの1枚ばきと重ねばきでは効果に違いはないようです。

重ねばきをすると、本来の縫製ラインとズレてしまうので効果が薄れるように思えますが、骨盤ガードルは体にフィットするように作られているので、多少の厚みでは変わらないとのこと。

どちらのはき方でも問題はないんですね。

「整体ショーツ」との重ねばきは引きしめが少し強くなる可能性も

ただし、重ねばきでも1枚ばきでも効果に違いはないものの、整体ショーツ」と骨盤ガードルを重ねばきする場合には引きしめが強く感じる場合があります。

「整体ショーツ」は骨盤を引きしめて整えるという目的で作られているので、ガードルと重ねると二重に引き締め感がある人もいるようです。

普段は問題なくても、食後などは苦しいと感じる方もいるかもしれませんね。

しかも「整体ショーツ」は一般的な骨盤ケア商品と違い、お腹部分は上に、お尻部分は下に引きしめ、骨盤を立てるという構造です。

骨盤ガードルがヒップアップを目的にしており、上へ引きしめるタイプのものであれば、引きしめる方向が逆になってしまい、効果が薄れてしまうことも。

「整体ショーツ」と重ねばきするときには、整体ショーツのガードル版である「整体ショーツLONG」と重ねばきするのがおすすめです。

もちろん、「整体ショーツLONG」は直ばきできるように作られているので、1枚ばきでも問題ありません

 

 

まとめ

girdle_how_5

骨盤ガードルは正しいはき方をしていれば、重ねばきをしても1枚ばきでも効果に違いはありません。

1枚ではくのに抵抗がある場合には、骨盤ガードルに慣れるまでは重ねばきをするのもひとつの方法です。

また、季節や状況によってはき方を変えてみるのもいいですね。

骨盤ガードルは継続してはくことに意味があるので、自分が快適に感じるはき方をして続けていきましょう。

 

 

 

骨盤ガードル 整体ショーツLONG 整体ショーツロング

整体ショーツNEO+ .整体ショーツNEOプラス .骨盤ショーツ

男性用骨盤パンツ「整体パンツZERO」ご購入はこちら

コメント