妊娠中の腰痛をラクにする骨盤ケア方法をご紹介

妊娠中の腰痛をラクにする骨盤ケア方法をご紹介

妊娠中って思っていた以上に腰痛や歩きづらさを感じることありますよね。

ちょうど友人が現在妊娠しているのですが、腰痛がツライと嘆いていて、自分の妊娠中のことを思い出しました。

身重な体でありながら、腰はもちろん足やお尻などあらゆる体の箇所に痛みを感じるため、妊娠中はつらかったです。

妊娠中なんだから仕方がない!と思っていましたが…

腰痛をはじめとする妊娠中の不具合は、骨盤に真の原因があることを出産してから知りました。

妊娠中から知っておけば、ちょっとは楽なマタニティライフを過ごせたのかなと思うと、ちょっと後悔。

そんな私のような後悔をしないよう、友人に少しでも楽になってもらいたい!と思い、妊娠中でもできる骨盤ケアを調べてみました。

 

妊娠中に起こる体の痛みの原因

妊娠中の体の痛みの原因

娠中に起こる体の痛みは、腰痛だけではありませんよね。

  • 腰痛
  • 歩きづらい
  • 尾てい骨の痛み

など、個人差はありますが、多くの妊婦さんがかかえる体の痛みです。

これらの原因は、妊娠中の体の変化。

特に多くの人が悩む腰痛は、お腹を支える為に腰に重量がかかるため引き起こされます。

また、お腹が大きくなる事で腰が反った状態も、腰に負担がかかってしまう原因のひとつです。

その上、妊娠中は不快な症状や育児への不安などのストレスから、筋肉が凝り固まってしまいがち。

おまけに、まだそこまでお腹が大きくなっていないときから、腰痛に悩まされることがありますよね。

それはなぜなのでしょうか。

 

骨盤と妊娠中のホルモンの関係

妊娠中は “リラキシン”というホルモンが、妊娠初期から分泌されます。

このホルモンは、出産のための必要不可欠のホルモン。

骨盤の靭帯や関節を緩ませ、赤ちゃんが産道を通りやすくするための準備をしているのです。

普段体を支えていた骨盤まわりや関節が緩むと、腰に力が入りづらくなります。

その代わりに腰回りや骨盤を支える筋肉が体を支えようと必死になるため、大きな負担がかかり、腰痛を引き起こすのです。

特に骨盤がゆがんでいる場合に痛みがひどくなるとのこと。

骨盤の靭帯や関節が緩むと、どうしてもゆがんでしまいやすくなるので、腰痛がひどくなるんですね。

また、そのゆがんだ骨盤が、歩きづらさや尾てい骨の痛みなども引き起こします。

 

 

妊娠中の体と骨盤の関係は?骨盤のゆがみがリスクを引き起こす!?

妊娠と骨盤ケア

妊娠中は骨盤がゆがみやすく、腰痛などの痛みが起こりやすいというのが分かりましたが、他にも妊娠中の骨盤のゆがみが引き起こすリスクがあります。

  • 妊娠中のリスク
  • 出産時のリスク
  • 産後のリスク

それぞれどのようなリスクがあるのか確認してみましょう。

 

妊娠中のリスク

妊娠中には便秘や頻尿、尿漏れに悩まされている人も多いでしょう。

これらは骨盤のゆがみによって、内臓の位置がズレてしまうことで、消化器官が十分に働かなくなってしまうことが一因となる症状です。

特に便秘は悪化するとお腹も痛みますよね。

さらに食欲も落ちるため、赤ちゃんへの栄養も心配になります。

妊娠中でも服用できる便秘薬もありますので、心配であれば病院で相談することがおすすめです。

また、早産や妊娠高血圧症候群といった状態を引き起こす可能性もあります。

ゆがんだ骨盤により子宮と一緒に赤ちゃんが下に押し下げられたり、子宮の血流が圧迫されて流れが悪くなったりするのが原因のひとつです。

その他にも、赤ちゃんがお腹の中で逆子になってしまうおそれもあります。

逆子の場合は、帝王切開になることも多く、ママと赤ちゃんにとって負担が大きくなります。

ゆがみがこのようなリスクを引き起こしてしまうのは避けたいですよね。

 

出産時のリスク

また、出産時にゆがんだ骨盤のままでいると、赤ちゃんが体勢を作りづらく、外に出るまでに時間がかかってしまう事もあります。

赤ちゃんの頭が子宮と膣を繋いでいる子宮頚部に引っかかってしまうというケースも。

 

産後のリスク

産後は妊娠によって大きくなっていた子宮が元の大きさに戻っていきます。

しかし、骨盤がゆがんでいると開いたままになってしまい、骨盤の靭帯が伸びきってしまいます。

この収縮ができないと不正出血や、産後の回復が長引く可能性も。

骨盤が広がったまま赤ちゃんを抱っこして家事や育児をしなければならないのは、ママの体もつらいですよね。

どうしてもゆがんでしまいがちな妊娠中の骨盤ですが、正しく整えてあげることでこういったリスクを回避することができます。

妊娠時から産後まで健康に安全に過ごすために、妊娠中の骨盤ケアを実践してみませんか。

 

妊娠中でも骨盤のゆがみを整える骨盤ケア方法

妊娠と骨盤ケア

「妊娠してから骨盤ケアなんてもう遅い?」

と心配される方もいるかもしれませんが、妊娠中でもできる骨盤ケアもあります。

もちろん、お腹の中にいる赤ちゃんに負担がかからないような方法でケアをしましょう。

妊娠中の骨盤ケアは、エクササイズなどの体を動かす事よりも、いかに体の一部に負担をかけすぎないかが重要です。

体調を見ながらやってみてくださいね。

 

妊娠中にもできる骨盤ケア1 骨盤を引き上げるケア

骨盤がゆがんで下がった内臓を元の位置に戻していく為にも、骨盤の位置を高く持っていく体勢をとってみましょう。

仰向けに寝て、お尻の下に座布団を敷いて位置を高くします。

動かなくてもできる動作なので、ちょっと休憩したい時や音楽を聴いてリラックスしながら行ってみて下さい。

 

妊娠中にもできる骨盤ケア2 座っている時に姿勢を意識する

座っている時など、同じ姿勢を長時間している場合には、定期的に背筋を伸ばしてみることも大切です。

お腹が大きくなってくるほど、体の軸が分かりづらくなりますが、姿勢が悪いと骨盤のゆがむ原因になります。

少し意識をして、体を伸ばして同じ部分に長時間の負荷をかけないように心がけましょう。

もちろん、その体勢にしてお腹に張りを感じるなどの不調が起こる場合は、すぐに楽な体勢に戻し、不安な場合は医師に相談して下さいね。

 

妊娠中にもできる骨盤ケア3 血行を良くすることを意識してみる

体をあたため血行を良くすると、骨盤周りの筋肉がほぐれます。

血行を良くする方法はたくさんありますが、やはり妊娠前と少し違うアプローチが必要です。

  • 体が温まる食事を心がける
  • 特に手首と足首を冷やさないようウォーマーを使う

など、妊娠中は体を動かすというよりも、体の中と外からじんわり温める方法をとってみましょう。

 

妊娠中にもできる骨盤ケア4 骨盤ケア商品を利用する

妊娠中は骨盤に負担がかかることから、市販されている骨盤ケア商品は多いです。

お腹自体を締め付けるタイプのものはおすすめできませんが、骨盤ベルトなど骨盤を固定させるものは早産予防にも効果が期待できます。

 

 

まとめ

妊娠と骨盤ケア

妊娠中の腰痛などの症状は、骨盤に大元の原因があると分かりました。

しかし、骨盤ケアは1日やったからといって、すぐに効果が出るものではありません。

それでも、妊娠中からケアしていくことで、ツライ腰痛も緩和でき、出産や産後へのリスクも減らせます。

お腹の中の赤ちゃんが十月十日かけて大きくなっていくように、骨盤も少しずつ時間をかけて整えていきましょう。

もちろん、大切な体ですので無理はしないよう、体調を考えながらやってみてください。

自分の骨盤も大事に育んでいければいいですね。

産後は、24時間寝るときもはける「整体ショーツNEO+」がおすすめ。

ちょっとたるんでしまったお腹のお肉もやさしく引き上げてくれるので、パンツスタイルも安心です。

また、お尻の穴をきゅっと引き締める「正しい引き締め方法」を実現した骨盤ショーツなので、尿もれなど心配な症状にも対応!

太ももが気になる場合は、ガードルタイプの「整体ショーツLONG」でケアしてあげましょう。

 

 

新改良「整体ショーツNEO+」整体ショーツNEOプラス

整体ショーツLONGはこちら

美容と健康にいそしむママライター。

いかなることも「より楽に、簡単に」出来るよう研究中。