骨盤が前傾・後傾してる?チェック方法と矯正ストレッチ

骨盤が前傾・後傾してる?チェック方法と矯正ストレッチ

骨盤の「前傾」「後傾」という言葉をご存知ですか?

ちなみに、それぞれ「前傾(ぜんけい)」「後傾(こうけい)」と読みます。

ちょっと難しい言葉ですよね。

骨盤が「前に傾いている」か「後ろに傾いているか」という意味で、これらは「骨盤のゆがみ」の種類のひとつです。

 

骨盤がゆがんでいると、

腰痛はもちろん

  • 肩こり
  • 生理痛
  • 尿漏れ
  • 猫背
  • 反り腰
  • ぽっこりお腹
  • 便秘
  • ひざ痛

など、さまざまな症状を引き起こします。

また、骨盤前傾の場合の特徴、骨盤後傾の場合の特徴もそれぞれ異なります。

たとえば、「骨盤が前傾していると、ぽっこりお腹」「骨盤が後傾していると、膝が曲がって伸び切らない」などの特徴があげられます。

あなたも上記の症状を抱えてはいませんか?

もし一つでも当てはまる症状があり、しかもそれが長年のあいだ解消されなくて困っているというのであれば、

本当の理由は「骨盤がゆがんでいるから」かもしれません。

 

つまり、「肩がこるから肩をマッサージする」「腰が痛いから腰を揉む」「ぽっこりお腹が気になるからダイエットをする」はたまた「膝が痛いから膝に湿布を貼る」ということをしていても、おおもとの原因である「骨盤のゆがみ」を修正してあげないことには解決にはならないのです。

自分の「骨盤のゆがみ」をきちんと理解し、把握したうえで、骨盤の矯正ストレッチに取り組んでみてください。

 

今回は、

骨盤の「前傾」「後傾」とは?4つの特徴

骨盤前傾・骨盤後傾のチェック方法

前傾・後傾した骨盤の矯正ストレッチ

についてお伝えします。

 

最後に、「ではどうすれば骨盤のゆがみが解消するか?」もお伝えしますね。

 

骨盤の「前傾」「後傾」とは?4つの特徴

骨盤前傾後傾の特徴

あなたが

  • どんよりつら~い腰痛持ち
  • 姿勢のわるい猫背

だった場合、これらの症状をもたらしているおおもとの原因は骨盤です。

骨盤こそが、腰痛や猫背といった身体のさまざまな変化を引き起こしているのです。

身体の中心に位置しており、上半身と下半身とをつないでいる要である骨盤がゆがむと、あなたの身体のあちこちに不具合を起こします。

その骨盤のゆがみとして、一般的にあげられるのが「前傾」と「後傾です。

骨盤前傾、骨盤後傾のそれぞれの特徴をみてみましょう。

 

骨盤が「前傾」している場合の4つの特徴

1 お尻が出っ張りやすい

骨盤が前に傾くと、お腹が前に出てお尻は後ろに突き出ます。

ズボンを脱いだり履いたりするとき、お尻で引っかかることはありませんか?

 

2 反り腰になりやすい

背骨はもとからS字カーブを描き、前に少し反っていますが、骨盤が前傾するとその反りが強くなります。

これを反り腰(そりごし)といいます。

 

3 ぽっこりお腹

骨盤が前傾してお腹が突き出ると、そこに脂肪がたまり、どんどんお腹が出てきます。

 

4 内股になりやすい

内股、あるいは内股気味になる人が多くなります。

またO脚である場合も多いです。

 

骨盤が「後傾」している場合の4つの特徴

1 お尻が引っ込みやすい

骨盤が後ろに傾くと、お尻が引っ込み、腰は丸くなります。

 

2 ひざが曲がりやすい

がに股のために、ひざが曲がりきらずに、ひざが曲がっている人が多くなります。

 

3 がに股になりやすい

がに股か、あるいはがに股気味になる人が多くなります。

 

4 太もも後面の筋肉が縮んで硬くなりやすい

骨盤を後ろに引っ張っているため、太ももの後ろの筋肉が緊張し張りやすくなります。

 

このように、骨盤が前に倒れたり、もしくは、後ろに倒れたりした場合、くずれてしまったバランスをとるため、

身体の他の部位に連動した形で症状が現れます。

 

 

あなたの骨盤は前傾?後傾?チェック方法

それでは、あなたの骨盤は前傾しているのか?それとも後傾しているのか?チェックしてみましょう。

  1. 横を向いて、後ろの腰骨の位置を確かめます。
  2. ちょうど腰のところに指をあててみましょう
  3. 骨に指が当たると思います。それが後ろの腰骨です。

今度は前との位置関係をチェックしてみてください。

どちらが低いでしょうか。

前が低ければ「前傾」後ろが低ければ「後傾」しているしるしになります。

腰骨が前に倒れていて「前傾」の状態

 

腰骨が後ろに倒れていて「後傾」の状態

 

あなたの骨盤はどうでしたか?

 

 

前傾・後傾した骨盤を矯正するための簡単ストレッチ

自分の骨盤のゆがみが、前傾なのか、後傾なのか把握できたでしょうか。

骨盤が前傾しているか、後傾しているかで、取り組むストレッチが異なってきます。

このページでは、簡単にできるストレッチをそれぞれ1つずつご紹介します。

 

骨盤前傾の人のための簡単ストレッチ 「太もも前面伸ばし」

まずは骨盤前傾の人のためのストレッチです。

骨盤が前傾している人は、太ももの前が固く張っていることが多いので、「太もも前面伸ばし」をして、太もも前面の張りをとってあげましょう。

 

①立った姿勢から右足の甲を右手で持つ

②ふくらはぎが太ももの裏につくまで後ろに引き上げ10秒キープ

(反対側も同様に行う)

 

いかがでしたか?

太ももの前側が気持ちよく伸ばせたでしょうか。

これは家事の合間にもできる簡単なストレッチなので、おすすめです。

 

骨盤後傾の人のための簡単ストレッチ 「太もも後面伸ばし」

次は、骨盤後傾の人のためのストレッチです。

骨盤が後傾している方は、前傾とは反対に太ももの後ろ側の筋肉が張っていることが多いです。

そのため「太もも後面伸ばし」で太ももの後ろを十分に伸ばしてあげましょう。

 

①イスに浅く腰かけ、右足を前に伸ばす

②下に向かって圧力をかけて10秒キープする。

(反対側も同様に行う)

 

こちらはイスに腰かける必要があるので、オフィスでの簡単ストレッチに向いていますね。

リフレッシュにも最適です。

 

 

まとめ

骨盤のゆがみの種類まとめ

骨盤のゆがみには、

  1. 前傾(ぜんけい)
  2. 後傾(こうけい)

がある。

骨盤前傾の特徴まとめ

  1. お尻が出っ張る
  2. 反り腰
  3. ぽっこりお腹
  4. 内股

骨盤後傾の特徴まとめ

  1. お尻が引っ込む
  2. 膝が曲がる
  3. がに股
  4. 太ももの後ろがかたくなりやすい

骨盤前傾後傾のチェック方法まとめ

腰骨に手をあて、前と後ろの腰骨の高さを確認する。

前の腰骨が低い場合は骨盤前傾、後ろの腰骨が低い場合は骨盤後傾。

 

骨盤のゆがみには、「前傾」「後傾」という種類があることをお伝えしました。

骨盤が傾いた結果として、身体に様々な症状が現れます。

お尻の出っ張りを直そうと、お尻のシェイプアップをしても、大元の原因である骨盤を矯正しなければ、根本的な解決とはなりません。

履くだけ整体(R)シリーズの「整体ショーツNEO」なら、履くだけで骨盤のゆがみを矯正してくれます。

 

骨盤矯正ベルトだと

「どこに巻きつければいいの?」

「どれくらいの強さで巻き付ければいいのかわからない」

「そもそも巻き付けるのが面倒でイヤ」

という方もいるかもしれませんが、”履くだけ”の整体ショーツならば、その心配はいりませんので、おススメです!

整体ショーツNEOの詳しいことについてはこちらもご参照ください。

 

整体ショーツNEOはこちら

 

男性用骨盤パンツ「整体パンツZERO」ご購入はこちら

腰痛などで苦しむ方へ正しい考え方をお伝えしたい!をモットーにする
「整体ショーツ」の水先案内人。
パワーストーンとワンコとぬか漬けが好き。