反り腰がぽっこりお腹の原因に!今すぐできる改善策まとめ

反り腰がぽっこりお腹の原因に!今すぐできる改善策まとめ

「体重が増えているわけではないのに、ズボンがきつい。」

「特に腰がつらくなるような活動はしていないのに、腰の不調が続く。」

このような不調に悩まされていませんか?

もしかすると、その不調は「反り腰」によって引き起こされているかもしれません。

反り腰とは、腰の部分が大きく前へ沿った状態のことです。

腰が反っていると、腰に負担がかかっている状態なので、腰の不調を招きやすくなります。

そして、反り腰状態が続くと、腰回りの筋肉が凝り固まり、血行不良から別の不調へとつながることも。

また、腰が反ることで、お腹がぽっこりと前に突き出すという、スタイルの変化も見られます。

しかし、反り腰は日々のストレッチや原因となっている生活習慣を見直すことで、改善が可能です。

その改善のカギとなるのが、骨盤

骨盤のゆがみや傾きを意識して整えていくことで、反り腰などの姿勢を矯正していけますよ。

今回は、なぜ反り腰になってしまうのかという原因とともに、簡単なストレッチなどによる改善方法を紹介する記事をまとめました。

自分の姿勢を見直したり、不調を少しでも緩和するための参考にしてみてくださいね。

 

反り腰改善!寝ながらできるストレッチ4選

反り腰改善!寝ながらできるストレッチ4選

反り腰によって引き起こされる不調は腰のつらさやポッコリお腹だけではありません。

O脚や尿漏れにもつながる骨盤底筋のゆるみなど、他にもあります。

また、反り腰の原因もさまざま。

筋力の弱りや骨盤のゆがみを始め、妊娠や出産による体型の変化や、高いヒールを履く生活習慣など、原因は複数あります。

反り腰改善のためには、まずは自分の反り腰の原因を知ることが大切です。

こちらの記事では、もう少し具体的な原因ともに、反り腰であるかどうかのセルフチェックの方法を紹介しています。

反り腰は、猫背などの明らかな姿勢の崩れと比べ、気付きにくい姿勢のくずれです。

そのため、不調が起こってから、自分が反り腰だと気づく方も多いですが、予め自分でチェックしてみませんか。

また、寝ながらできるストレッチも紹介しています。

ストレッチと聞くと、面倒……きつそう……というイメージを持ってしまう方も、寝ながらできるものならどうでしょうか。

テレビを見ながら、就寝前にベッドの上で…など、手軽にできるストレッチです。

是非、寝ながらのストレッチを試してみてください。

 

反り腰を解消したい!正しい姿勢を保つための簡単な方法

反り腰を解消したい!正しい姿勢を保つための簡単な方法

正しい姿勢と聞くと、どんな姿勢を想像しますか?

猫背のように背中が丸まっておらず、背筋がピンと伸びている姿勢を思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、いくら姿勢が良く見えても、体に負担をかける姿勢は、正しい姿勢とは言えません。

反り腰は一見、背筋は伸びているので、姿勢がいいようには見えますが、腰が反りすぎて体に負担がかかる姿勢なのです。

本来、私たちの体は横から見た時に、緩やかなS字を描いているのが理想です。

この正しい姿勢を保てば、姿勢からくる体の不調を改善することができますよ。

とはいえ、癖がついてしまった姿勢を正しい位置に戻すのは、至難の業。

一時は正しい姿勢がとれても、意識していないと体がいつもの姿勢に戻ってしまうからです。

こちらの記事では、そんな無意識の姿勢のクセを簡単に改善する方法をご紹介しています。

特に正しい姿勢を保つために重要なのが、骨盤。

骨盤が前に傾いている状態を、修正するための便利アイテムである整体ショーツNEO+の紹介や、改善のための簡単ストレッチをまとめています。

姿勢が綺麗になるだけで、相手に与える印象も大きく変わりますよ。

参考に体を動かし、反り腰の状態から正しい姿勢をキープできるようにしていきましょう!

 

ママの反り腰改善!妊娠中・産後の腰のツラさをやわらげる4つのポイント

ママの反り腰改善!妊娠中・産後の腰のツラさをやわらげる4つのポイント

妊娠すると急激な体の変化に戸惑うこともありますよね。

大きく重たくなるお腹を支えて、日常生活を送るのはとても大変なことです。

臨月が近づくと、立つ座るという動作をするだけでも一苦労とぃうこともあるでしょう。

そんな中、最も負担が大きくなるのがと言われています。

お腹の重みで前に倒れてしまわないよう、その分だけ腰を反らせてバランスをとろうと、反り腰になってしまうからです。

また、妊娠中だけでなく、出産した後にも反り腰に悩んでいるママは多いです。

その原因は骨盤にあるかもしれません。

産後は骨盤がゆがみやすい状態が続きますが、その状態が反り腰を招いてしまっていることもあるのです。

他にも産前産後のママが反り腰になりやすい要因はたくさんあります。

こちらの記事では、妊娠、出産を経験するとなぜ反り腰になりやすくなるのか、また反り腰改善のための4つのポイントを紹介しています。

妊娠中から産後にも有効な骨盤からケアする方法も書かれているので、腰の不調を和らげるためにお役立て下さい。

 

反り腰改善は歩き方から!あなたの歩き方は大丈夫?

出っ尻・反り腰改善は歩き方から!あなたの歩き方は大丈夫?

普段、歩く時にどんなことを意識していますか?

歩き方なんて意識したことない!という人も多いかもしれませんね。

しかし、足の出し方や歩幅、スピードまで人によってさまざまな歩き方があります。

自分ではちゃんと歩いているつもりでも、反り腰の原因を作ったり、反り腰を悪化させてしまったりしているかもしれません。

反り腰になりやすい、悪化させてしまう歩き方には3つの注意点があります。

こちらの記事では、反り腰になりやすい歩き方や、反り腰改善のための理想的な歩き方を紹介しています。

私たちは家の中で過ごしていても、歩かない日はありません。

ちょっとそこまで……という数歩だけでも、正しい歩き方を意識していけば、日常から反り腰を治すための行動に繋がりますよ。

 

「反り腰」と「猫背」改善は「骨盤」から!骨盤を立てる座り方

「反り腰」と「猫背」改善は姿勢から!骨盤を立てる座り方

デスクワークなど、長時間座っていることが多い人に是非チェックしてもらいたいのがこちらの記事です。

姿勢にとって重要なのは、やはり骨盤。

骨盤は私たちの構造的な部分を作る上でも重要な役割をしている部分ですよね。

この骨盤が生活習慣や妊娠出産、加齢にともなって正しい位置からズレてしまうと、反り腰猫背など、姿勢の崩れに繋がってしまいます。

骨盤は本来、地面に垂直になるよう、まっすぐに立っているのが正しい状態です。

しかし、これが座り方や生活習慣、体型の変化などによって、前後にズレたり、左右どちらかに傾いたりなど、ゆがみがあると、姿勢に影響します。

反り腰の場合骨盤は前傾し、猫背の場合は後傾している状態です。

姿勢の崩れを修正するには、骨盤を正しく立てることがとても重要。

そのために、骨盤が正しい位置になるような座り方をマスターしてみませんか。

こちらの記事では、座り方はもちろん、反り腰や猫背を改善するとどんなメリットがあるのかを紹介しています。

座っている時間が長いからこそ、少しでも骨盤を立てて座る方法を意識していくと、反り腰や猫背によって引き起こされていた不調が改善できるかもしれません。

骨盤を立てて座る方法は難しくなく、簡単な方法なので、今からでもすぐに取り組めますよ。

 

さいごに

反り腰改善まとめ2

妊娠や出産を経験すること、また高いヒールを履く習慣があるなど、そのライフスタイルの特徴から、男性よりも女性に多いといわれる反り腰。

自分でも気づかないうちに、実は反り腰になっている方もしれません。

しかし、反り腰は少し意識していくことで、改善が可能なものです。

まずは自分の反り腰を引き起こしているかもしれない原因を知り、少しでも生活習慣を改善してみることから始めましょう。

歩き方や座り方なども、骨盤を立てることを意識し、生活することで簡単に姿勢を変えられます。

また、簡単なストレッチを日常的に取り入れてみてください。

さらに効率よく、骨盤からのアプローチで反り腰改善を目指すのであれば、履いているだけで骨盤ケアができる整体ショーツNEO+などのアイテムを使うのもおすすめです。

反り腰を改善し、正しい姿勢をとることで、不調が改善するだけでなく、これまで感じていた体の感覚も変わってくるかもしれません。

体の不調は心の不調に繋がることもあります。

いつまでも健康的に、ハツラツと楽しく過ごしていくために、今回ご紹介した記事を参考に、改善を目指してみてくださいね。

 

整体ショーツNEO+ .整体ショーツNEOプラス .骨盤ショーツ

整体パンツNEW ZERO

コメント

コメントする

名前
年代
内容