反り腰を改善!反り腰と猫背の関係とは?正しい座り方をチェック

反り腰を改善!反り腰と猫背の関係とは?正しい座り方をチェック

「猫背」という言葉は聞きなれていると思いますが、「反り腰」という言葉は聞いたことはありますか?

骨盤が前傾していると、自然と重心が前のめりになり、身体はそれを直そうとして腰を反らせて立とうとします。

これが反り腰です。

反り腰になると、お腹が出っ張るので、「ぽっこりお腹」の原因にもなります。
背中も丸まることになりますし、肩が内側に入りこみ「巻き込み肩」にもなってしまいます。

猫背は、特に骨盤が後傾していると起こります。

 

椅子に座ったとき、浅く腰かけてはいませんか?
そのとき、腰だけが背もたれについているようなら、要注意です。

反り腰も猫背も、骨盤が大きく影響しています。
反り腰、猫背のせいで腰が痛くなったからといって、いくら腰を揉んでも良くなることはありません。

骨盤自体を正しく整えない限り、改善されないのです。

 

今回は、

反り腰と猫背について

反り腰と猫背を改善すると良い理由

正しい座り方

腰に負担をかけない簡単ストレッチ

についてお伝えします。

 

反り腰と猫背の人の特徴

反り腰と猫背の特徴について、

反り腰の人の特徴

頭と首が前に出ている

背骨が大きくカーブしている

骨盤が前傾している

お尻が後ろに突き出ている

太ももの前側の筋肉が張る

ふくらはぎの筋肉が張る

O脚になりやすい

腰痛になりやすい

 

猫背の人の特徴

壁に背中をつけて立ったとき、後頭部が壁につかない

背中が丸まっている

太ももの裏側の筋肉が硬い

呼吸が浅くなる

骨盤が後傾している

腰痛になりやすい

 

反り腰と猫背を改善すると良い10の理由

なぜ、人は反り腰・猫背のままでいるのか

それは、反り腰・猫背のほうが楽だからです。

腰痛と共通して、反り腰や猫背がなかなか治りにくい、大きな理由があります。

反り腰・猫背になったのには、必ず原因があります。
おおもとの原因こそ「骨盤」なのです。

背中全体が丸くなる、顔が前に出る、肩が前に出る・・・
このような反り腰・猫背の特徴的な身体の変化も、骨盤の前傾・後傾が起因となっています。

つまり、反り腰や猫背を治したいのならば、骨盤を立て、丸まっている背中を伸ばしてあげればいいわけです。

骨盤を立たせる。

丸まっている背中を伸ばす。

これだけ見ると、反り腰や猫背の治療はとても簡単そうに見えますよね。

ですが、わかっていながら多くの人ができていません。

その状態が身についてしまっているため、一時的に骨盤を立たせることができても、それを維持できないのが実情のようです。

 

首痛/ストレートネック/反り首が改善する

特に猫背に見られる症状ですが、顔が前に突き出るタイプの人に最もよく見られるのが首痛です。

人間の頭はボーリングの玉のように重く、この重たい頭を支えているのが「頸椎=首の骨」です。
首が前に出ているタイプの人はこの頸椎に負担がかかり、首痛を引き起こしているのです。

さらに、猫背になって顔が前に出ると、頸椎がまっすぐに伸びてしまいます。
「ストレートネック」になったり、逆にもっと反りが強くなって「反り首」になってしまうのです。
これにより、強い首のこりや痛みが出てしまいます。

 

頭痛/眼精疲労/めまいがなくなる

「首や肩が凝っている状態=首の筋肉が強く緊張している状態」です。
こうして起こるのが「筋緊張性頭痛」と言われるものです。

日本人に最も起こりやすいのが、この「筋緊張性頭痛」で、一日中パソコン作業をしていたり、スマートフォンを長時間使っていると、頭を締めつけられるような重苦しい痛みから始まって、なかなか痛みが取れずツラい思いをしたことがあると思います。

これがまさに筋緊張性頭痛です。

筋緊張性頭痛が引き金となって、目の疲れやめまいも起こることがあります。

 

自律神経失調症が改善する

首や肩の筋肉のこりは、痛みだけではなく自律神経の機能低下も招きます。

自律神経とは、自分の意思とは無関係に内臓や血管を調整する神経のことです。
「交感神経」と「副交感神経」という神経から成り立っています。

首の筋肉がこって硬くなると、このふたつの自律神経を物理的に圧迫したり、血流障害が起こったりして、自律神経の機能が低下していきます。

その結果、自律神経失調症を引き起こします。

慢性的な疲労感、しんどさ、動悸、体の火照り、不眠、耳鳴り、手足のしびれ、口や喉の不快感、頻尿、残尿感、イライラ、やる気の低下、鬱など重大な症状があらわれる場合があります。

 

不定愁訴が解消する

「なんとなく一日中、眠たい」「なかなか疲労感が取れない」「集中力に欠ける」「いつも手足が冷える(血行が悪い)」などの不定愁訴も、猫背が原因の場合があります。

猫背の人は背中が丸まっている場合がほとんどで、背中が丸まっていると肺が狭められてしまいます。

肺は本来、肋骨で囲まれたカゴのような骨格である「胸郭」に包まれています。
この胸郭が膨らんだり縮んだりすることで肺は伸び縮みをし、呼吸が行われます。

呼吸をすると、その近くにある横隔膜が上下に動きます。
しかし、猫背で肺が狭められていると、横隔膜の動きは妨げられ、浅い呼吸しかできなくなります。

呼吸が浅くなると、体は慢性的な酸素不足になり、基礎代謝が低下しエネルギーを消費できなくなって、太りやすくなったりして不定愁訴を生じさせてしまうのです。

 

腰痛がなくなる

歪んだ骨盤を正しく立てて、整えてあげると、腰痛は解消されます。

不自然な姿勢が長く続くと、当然筋肉への負担は増えていきます。
負担がかかりすぎた筋肉はやがて硬くなり、やがて痛みに変わります。
これが「こり」です。

しかし骨盤を立てることで、この負担は軽減されるようになり、必然的に痛みも和らぎます。

 

股関節・膝の痛みがなくなる

腰痛の人の場合、たいてい膝の痛みもあります。

膝そのものの不調によって痛みが生じたと思われがちですが、実はその原因は同じところにあったりするのがよくあります。

もしもあなたに膝の痛みがあるとして、それはきっと左右どちらかではないでしょうか。だとしたら、症状の原因は骨盤のゆがみである可能性が高いです。

ゆがんでいるということは、「どちらかに負担が多くかかっている」ということです。

ゆがみを整えないまま生活を続けるとますます負担は増えていき、限界を超えたところで痛みが生じます。

骨盤を整えることによってゆがみが取れると、必然的に負担は軽減され、症状も収まっていきます。

 

肩こりが消える

なぜ肩こりになるか。
原因は姿勢が悪いからです。

人間の肩の上に乗っている頭部は、5~6キロもします。

それを全身で支えるのが正常ですが、肩こりの人は背中が丸まっていたり、両肩が前方に出ていたり、頭部が前方に出ていたりして、うまく支えられない状態になっています。

当然、肩甲骨回りの筋肉が頭を支えることになり、負担が増します。
負担が積み重なると痛み、つまりこりに変わります。

骨盤の上には背骨が乗っています。
おおもとの骨盤を整えてあげることで、姿勢が良くなると上半身にも良い影響を及ぼし、肩回りの筋肉への負担が減るので、結果的に肩こりも解消されるのです。

 

小尻、スタイルアップになる

骨盤を立てるだけでスタイルは簡単に良くなります。

具体的に言うと、まず身長が伸びます。

また前傾した骨盤を立てると、必然的にお尻が引っ込みます。
出っ張った部分が引っ込むので、お尻が小さくなります。

背が高くなり、お尻も引っ込む。
物理的にスタイルが良くなりますよね。

食事制限をしたり運動をしてダイエットをする前に、骨盤を立てることを考えてみてください。

それだけでも充分な効果になる可能性は高いです。

 

ポッコリお腹が凹む

骨盤を立てるとお尻とお腹が凹みます。
当然、多くの女性が悩んでいるポッコリお腹についても解消できます。

逆に言うと、骨盤が前傾してお腹が突き出ている状態だとそこに脂肪がたまり、どんどんお腹が出てきます。

実は、出っ張っている部分に脂肪はたまりやすいのです。

 

冷え性が解消される

特に女性に多い症状が冷え性です。
オフィスでも、カーディガンを羽織っていたり、ブランケットを膝にかけて、寒そうにしている女性を多く見かけます。

季節を問わずソックスをはかなければツライ、という方もいるかもしれません。

冷え性の原因に、血液が正常に下半身へ運ばれていないことが挙げられます。
実はこれも、骨盤のゆがみが大きく影響していることが考えられるのです。

骨盤が前傾すると、婦人科系の内臓である子宮や卵巣などが圧迫されます。
圧力がかかると機能は低下します。
当然、周囲の血管も圧迫されて血流が滞ってしまうのです。

骨盤を整えると各所の圧迫が解消され、血流が改善されます。

むくみだけでなく内臓の冷えや下半身の冷え、婦人科系の内臓圧迫による生理不順や、極度の生理痛なども解消されます。

 

良い姿勢を維持する正しい座り方

デスクワークで長時間椅子に座ることが多い、という方が多いと思います。
ずっと座っていると、腰や肩が痛くなってきますよね。

悪い姿勢のまま座っているとそれだけ腰に負担がかかっていることになり、慢性的な腰痛へと繋がります。

きちんと座ろうとして、背筋を伸ばしただけでは正しい座り方とは言えません。

正しい座り方を理解して、腰への負担を少なくしてあげれば、ツライ腰痛からも解放されるでしょう。

これまでと違う姿勢で座ることになるので、はじめは少し違和感を覚えることもあると思いますが、きっと腰が楽になるはずですよ。

意識するのはは以下の2つ。

ポイントは骨盤です。

1 椅子に深く腰かけ、足を床につける

椅子に浅く腰かけて、足を投げ出した「腰座り」だと、より腰に負担をかけてしまいます。
また、足を組むと身体は不安定になります。

椅子に座るときは、深く腰かけて足をきちんと床につけて座るようにしましょう。

ただし、背もたれに頼らないことがポイントです。

背もたれに頼って座ろうとすると、自然に骨盤は後傾してしまうからです。

 

2 床と太ももが平行になるように座る

膝が太ももより下がってしまうと、姿勢も悪くなり、骨盤がゆがむ一因となります。
太ももと膝の角度が90度になるようにして、肛門が真下を向くよう意識して座りましょう。

すると、自然に骨盤が立つようになります。

 

腰に負担をかけない簡単 骨盤ストレッチ

①左右のつま先を平行にし、お尻を突き出すように立つ

簡単にできる骨盤体操1

②お尻に力を入れるようなイメージで骨盤を前へ突き出す

簡単にできる骨盤体操2

まとめ

「反り腰」と「猫背」は、それぞれ腰と背中の症状ですが、実は原因は同一箇所にあります。

その同一箇所とは「骨盤」。

骨盤を正しく立たせてあげると、自然に反り腰も猫背もなくなります。

 

履くだけ整体(R)シリーズ「整体ショーツ」は、履いているだけで骨盤を正しく整えてくれるアイテムです。

ショーツなので、わざわざ装着する必要はなく、「ただ履くだけ」なので毎日続けられます。

 

整体ショーツ購入

 

整体ショーツNEO

腰痛などで苦しむ方へ正しい考え方をお伝えしたい!をモットーにする
「整体ショーツ」の水先案内人。
パワーストーンとワンコとぬか漬けが好き。