骨盤がゆがんでしまう生活習慣5つ

骨盤がゆがんでしまう生活習慣5つ

「私の骨盤、ゆがんでいるみたいなんです」

という方は多いと思います。

猫背専門治療院V-Styleや、宮前まちの整骨院にも、そのような患者様がよくいらっしゃいます。

ですが、どのようにゆがんでいるのか?を理解しているのかといえば、そうではありません。
これはプロの治療家でなければわからないことなので、仕方ありません。

どのようにゆがんでいるのかを知らないということは、同時に「どうすればゆがんでしまうのか」も知らないということです。

実は、動作やクセ、座り方などの日常生活で、骨盤は簡単にゆがんでしまいます。

 

骨盤がゆがんでしまう生活習慣5つ

腰座り

背もたれに寄りかかって浅く座り、背中を丸めた状態でスマートフォンを眺めたりや本を読んでいる人を、電車で見かけたことはありませんか?

これは「腰座り」と言って、骨盤がゆがんでしまう座り方です。

 

足を組む

椅子に座ると、ついつい足を組んでしまう人が多いと思います。
それは、足を組むことで身体が安定するからです。
クセがついてしまうと、足を組まないと違和感を感じることもありますよね。

特に組む足が決まっていると、必然的に骨盤も片方だけゆがんでいきます。

 

アヒル座り、横座り(お姉さん座り)

家でのリラックスタイムに、アヒル座り、横座り(お姉さん座り)をしていませんか?
実はこの座り方、特に女性には大変危険な格好です。

骨盤をゆがませるだけではなく、股関節も圧迫してしまいます。

つまり、血流の流れを悪くし、子宮の血行まで悪くしてしまっているのです。
生理痛はもちろん、さまざまな婦人科系疾患をも引き起こす可能性が出てきます。

 

足をクロスさせる、片足重心の立ち方

壁にもたれかかって片足をついている人をよく見かけますよね。
これも座るときに足を組むのと同様、ついついやってしまう動作のひとつだと思います。

この片足に重心をかけた立ち方は、残念ながら骨盤をゆがませます。
もちろん、同じ足ばかりにずっと重心をかけていると、ゆがみはもっと悪化します。

どうしても片方に重心をかけてしまう場合は、5分ごとに足を交換すると良いでしょう。

 

片方の腕(手)ばかり使う

あなたは荷物を持つとき、どちらの腕(手)を使いますか?
どちらか片方の手ばかりを使うことが多いのではないでしょうか。

すると動作が偏ってしまい、骨盤のゆがみにつながります。

利き手もあると思いますが、使う腕(手)を時々変えることをおすすめします。

 

まとめ

足を組んだり、らくちんな姿勢で座ったり、利き手ばかり使ってしまったり・・・それらの普段何気ない動作やクセは、骨盤のゆがみへとつながります。
ゆがんでしまった骨盤は、残念ながら自然には治りません。

骨盤矯正のため整体へ行きたいけれど、時間がない。
どんな骨盤ケアをしたらいいかわからない、という方もいると思います。

履くだけ整体(R)シリーズの「整体ショーツ」は、履くだけで簡単に骨盤ケアができるので、整体に行く時間がないママでも続けられます。

生活習慣が原因でゆがんでしまった骨盤は、早めにケアしてあげることが大切です!

 

 

腰痛などで苦しむ方へ正しい考え方をお伝えしたい!をモットーにする
「整体ショーツ」の水先案内人。
パワーストーンとワンコとぬか漬けが好き。