秋バテってどんな症状?骨盤を整えて体をすっきりリセットしよう

秋バテってどんな症状?骨盤を整えて体をすっきりリセットしよう

夏が終わり、やっと暑さから解放され、過ごしやすい季節になりました。

少し外に出ただけでも暑さでしんどくなり、体に疲れが出やすかった夏。

そんな夏が終わり、穏やかに過ごせる秋が来たのに、

  • やる気が出ない
  • 頭が痛い
  • 疲れが取れない

など、体調の悪さが続いている方はいませんか。

この、夏が終わった後の不調のことを、夏バテならぬ“秋バテ”と言います。

今回は、この時期に起こりやすい秋バテの症状や原因、その改善方法などについてご紹介します。

 

秋バテって何のこと?症状と原因について

秋バテって何のこと?症状と原因

“秋バテ”という言葉をあまり聞き慣れない方もいらっしゃいますよね。

秋バテとはいったいどんな症状を指すのでしょうか。

 

秋バテとは

秋バテとは夏の疲れの蓄積や夏に乱れがちだった生活習慣、寒暖差などによる自律神経や血流の乱れが引き起こす体調不良のことを言います。

つまり、体が夏から抜け出せない状態のことなのです。

 

秋バテの症状は?

秋バテにはどんな症状があるのか、具体的に見ていきましょう。

体がだるくて疲れやすい、やる気が出ない

体が重い気がしたり、疲れが次の日になってもとれなかったりすることはありませんか。

特別なことは何もしておらず、いつもと同じ生活なのに、体が重だるいのは秋バテのせいかもしれません。

日中、眠気がとれない

夜はきちんと寝ているはずなのに、日中も眠くてしょうがなかったり、気が付くと眠っていたり。

寝ても疲れが取れないという症状もあります。

食欲がない

食欲の秋には、たくさん旬の美味しい食べ物がありますが…

そんな食事を目の前にしても食べる気にならない、いつもと食べる量が減ってしまったというような食欲不振も症状の1つです。

肩こりや頭痛がある

思い当たる状況や行動がないのに、急に肩こりや頭痛がひどくなることも。

解消しようとマッサージをしたり、薬を飲んだりしても、なかなか解消されないなら、秋バテかもしれません。

めまいや立ちくらみを起こす

日頃はめったにないのに、何かの拍子にめまいや立ちくらみを感じることもあります。

 

秋バテの原因

さまざまな体の不調をもたらす秋バテ。

この秋バテの原因は何なのでしょうか。

消化器官の機能低下

アイスや冷えた飲み物など、体を冷やす食べ物を夏によく食べていませんでしたか?

暑さを少しでも和らげるために、冷たい食べ物や飲み物は効果的ではありますが、食べ過ぎると胃腸などの消化器官を冷やし、さらに体全体も冷やしてしまいます。

消化器官が冷えると、機能が低下しさまざまな体調不良を引き起こします。

涼しくなる秋になってもそのままの食習慣を続けている、なかなかアイスがやめられないなどという状態が続くと、秋バテの原因になります。

自律神経の乱れ

夏は外と中の温度差は激しい季節。

この温度差が体への負担となり自立神経の乱れを引き起こします。

その乱れをきちんと調整していないままだと、秋になっても体調は戻りません。

さらに、秋は台風や雨が多い時期です。

そして、暑い日があれば寒い日もある時期でもあります。

こうした気圧や気温の変動も自律神経の乱れを引き起こします。

これらの自律神経の乱れが秋バテにつながります。

体力の低下

夏は暑さによる体力の消耗、温度差による疲れや夜の寝苦しさで睡眠不足になる人もいますよね。

自分は体力があるから平気!とアクティブに過ごしていても、知らず知らずのうちに体に疲労がたまっているかも?

こうした疲れが取れないまま秋になることで、季節の変化に対応できずに秋バテになるようです。

 

 

秋バテの改善方法が知りたい!

秋バテの改善方法

秋バテを少しでも早く解消させて、元気に毎日を過ごしたいですよね。

そのための、基本的な秋バテの改善方法をご紹介します。

 

食生活を整える

食事、食生活を整える

夏の体を冷やす食習慣をやめて、体を温める食生活に改善させましょう。

秋の旬の食べ物は秋バテに効果的です。

栗やさつまいもにはビタミンが豊富で、体の疲れを回復してくれます。

また、食事を作るときは温かいスープがおすすめ。

体を内側から温めてくれるからです。

更に生姜を入れると、体の温まり効果がUPしますよ。

 

適温で過ごす

夏の冷えの原因

秋になっても暑い日がありますが、外と室内の温度差をなくすように心掛けましょう。

オフィスやお店など、自分では調整が難しい場合、服の上に上着やカーディガンを着て調整するといいですよ。

 

湯船に浸かる

夏の冷えはどうやって改善したらいいの?

お風呂ではシャワーだけでなく湯船に浸かり、体を温めましょう。

秋バテには、38度から40度の少しぬるいなと感じるぐらいのお湯で半身浴するのが効果的。

血流がよくなり、疲労した筋肉もほぐしてくれます。

入浴剤を入れてリラックスすれば、さらに疲れを癒してくれるはずです。

 

適度な運動をする

整体ショーツ公式サイト

夏は暑くて外出する気分にならため、運動をする機会も少なくなっていませんでしたか。

運動をしないことで体力の低下や、体温調整を行う機能が低下しているかもしれません。

秋は運動の秋とも言われますし、日中も過ごしやすくなってきたので、適度な運動を行いましょう。

のんびり近所を散歩するだけでも十分な運動になります。

 

質の良い睡眠をとる

夏の朝がだるいのはなぜ?骨盤を整えてシャキっとした朝に!-朝にだるくならないための対策

しっかりと寝ることも大切です。

秋の夜は意外と冷えてしまいます。

寝具で調節したり、長袖のパジャマに替えたりなど、快適に眠れる工夫をしてみてください。

 

規則正しい生活を送る

夏の朝がだるいのはなぜ?骨盤を整えてシャキっとした朝に!

これがいちばん難しいかもしれません。

起床時間や就寝時間が乱れた生活も体に良くありません。

時間をきちんと決めて規則正しい生活を送るようにしましょう。

 

 

秋バテには”骨盤”を整えることが効果的

秋バテには”骨盤”を整えることが効果的

基本的な秋バテの改善方法をご紹介しましたが、骨盤を整えることも秋バテの改善に効果的です。

 

秋バテと骨盤の関係性

先ほども説明しましたが、秋バテは主に

  1. 内臓が冷えること
  2. 自律神経が乱れること
  3. 夏の疲れ

によって起こります。

骨盤は消化器官などの内臓を守る働きをしています。

そんな骨盤の位置を整えると、内臓の位置がきちんとした位置に戻ります。

結果、血流がよくなり体温調整機能の低下も改善、つまり内臓の冷えが改善できるのです。

消化機能も改善し、食欲不振などの症状も良くなってきます。

また、骨盤の歪みが引き起こしていた自律神経の乱れ。

自律神経の乱れは主に体をリラックスさせる副交感神経がうまく働いていないことで起こります。

血流がよくなれば上手に体をリラックスさせられ、不眠、肩こりやめまいなどの症状も改善されるでしょう。

さらに、骨盤はさまざまな筋肉の土台でもあるため、整えることで硬くなった全身の筋肉をほぐしてくれます。

その結果、基礎代謝が上がりやすくなり、疲れにくい体になります。

 

骨盤を整える方法

秋バテ解消のための骨盤を整える方法をご紹介します。

ストレッチで骨盤を整える

今すぐにでもできる簡単な骨盤調整ストレッチを2つ紹介します。

【骨盤回し】

  1. 足を腰に合わせて開き、立つ
  2. 腰を、円を描くように回す

左右30回ずつ行いましょう。

【体揺らし】

  1. 仰向けに寝転がる
  2. 両膝を両腕で抱える
  3. そのまま、体を前後や左右に揺らす

回数は20回行いましょう。

整体に行く

整体に行き、骨盤を整える施術を受けるのも骨盤を整える方法です。

プロに治してもらえますが、時間とお金が必要です。

整体ショーツNEOなど骨盤調整グッズで姿勢を意識する

整体に行く時間が取れない場合は、普段から骨盤を立てるような姿勢を意識しながら過ごすようにしましょう。

立っているときは肩の力を抜いて、胸を張りあごを引いて立ちます。

座るときは、背筋を伸ばして深く座りましょう。

骨盤調整グッズを使ってみることもおすすめです。

私も使っているのですが、整体ショーツNEOはただ下着を履いているだけなのに、骨盤を立てた姿勢が意識しやすくなります。

すっと姿勢がよくなる感覚、実感してみてください!

 

 

まとめ

秋バテってどんな症状?骨盤を整えて体をすっきりリセット

秋バテは夏バテが続くことや、知らぬ間にたまっていた疲労が秋になって不調になって現れるものだと分かりましたね。

改善するには普段の生活を見直すことや、骨盤を整えることが有効です。

整体ショーツNEOなら、履くだけで骨盤を正しい位置に戻してくれます。

いつも通り過ごす中で、自然と骨盤を立てて整えることができます。

秋はイベントも多く、1年のうちでも過ごしやすい時期です。

秋バテ症状を改善し、思いっきり秋を楽しみましょう!

肩こり、腰痛、生理痛と三大苦が悩みのタネ。健康グッズを試すのが大好き。