あなたの骨盤は大丈夫?骨盤のゆがみをセルフチェック!

あなたの骨盤は大丈夫?骨盤のゆがみをセルフチェック!

試しに、自然に立ってみてください。

姿勢が前かがみになっていませんか?

骨盤が前方にゆがみ、「前傾」しているしるしです。

では次に、自分の腰骨の下に指を当ててみましょう。

 

右手の指が、少し下になっていませんか?

 

実は、右利きの人が多い日本人は、右側に捻じれるようにゆがんでいる人が多いのです。
およそ9割の人が右側にねじれていると言われています。

このように、利き腕の関係でほとんどの人が同じ方向にゆがんでいます。

今回は、

骨盤のゆがみのタイプのセルフチェック

ゆがみタイプ別のストレッチ

についてお伝えします。

 

 

骨盤のゆがみのタイプをセルフチェック

左右の骨盤の高さ

まず、前の腰骨の位置を確かめてみましょう。

人差し指・中指・薬指の三本で、足のつけ根の辺りを探してみてください。
指が引っかかる出っぱりがあるはずです。

それが腰骨です。

鏡を見てみてください。
左右の腰骨の高さは同じでしょうか

同じでなければ、ゆがんでいることになります。

また、横座り(お姉さん座り)をしたときに、

左右のどちらかだけが座りにくい

左右とも座りにくい

と感じたら、骨盤がゆがんでる可能性があります。

 

 

前後の骨盤の高さ

次は、横を向いて後ろの腰骨の位置を確かめます。

ちょうど腰のところに指をあててみましょう。
骨に指が当たると思います。

それが後ろの腰骨です。

後ろがわかったら、鏡を見ながら今度は前との位置関係をチェックしてください。
どちらが低いでしょうか。

骨盤が正しい状態であれば、前後の腰骨は同じ高さになります。
もしも前が低ければ骨盤は「前傾」していることになり、後ろが低ければ「後傾」しています。

 

あなたの骨盤の状態はどうでしたか。

全ての項目に当てはまった方もいるかもしれません。

骨盤がゆがむと、腰痛、肩こり、冷え、むくみ、生理痛など様々な症状を引き起こす要因となります。

今、あなたが腰痛や肩こりなどで悩んでいるのなら、骨盤のゆがみを直してあげると解消するかもしれません。

次は、手軽にできるストレッチについて、ご紹介します。

 

 

ゆがみタイプ別のお手軽ストレッチ

骨盤前傾タイプの人のためのストレッチ

①床に片膝をついて、もう片方の足を前面に出して膝を曲げる

骨盤前傾ストレッチ

 

②立てた膝の上に両手を乗せ、腰を落として体重を前方にかける。

後ろに伸ばした足の股関節前面の筋肉を伸ばして10秒キープ

※反対側も同様に行う

骨盤前傾ストレッチ

 

 

骨盤後傾タイプの人のためのストレッチ

①イスに浅く腰かけ、片足を前に伸ばす

骨盤後傾ストレッチ

 

②伸ばした足の膝に手を乗せ、体重をかけた状態を10秒キープ。

太ももの裏の筋肉が伸びていることを感じましょう。

骨盤後傾タイプ向けストレッチ

 

 

左右の骨盤の高さが違う人のためのストレッチ

①足を肩幅より広くして立つ

骨盤ストレッチ

 

②股を割るイメージで、膝を曲げて10秒キープ

股を締めるイメージで①の姿勢に戻る

骨盤ストレッチ

 

 

まとめ

一口に「骨盤がゆがんでいる」と言っても、ゆがみのタイプがあります。

骨盤のゆがみタイプにより、行うべきストレッチ方法も異なります。

自分のゆがみタイプに合った最適な骨盤ストレッチを見つけ、習慣化するようにしましょう。

何もしないでいるより、毎日少しずつでも続けることが肝心です!

 

セルフケアの強い味方に、履くだけ整体(R)シリーズの「整体ショーツ」はいかがですか?

整体ショーツは姿勢の専門家が開発した「締める方向」にこだわった骨盤矯正ショーツなので、きちんと骨盤を整え支えてくれます。

骨盤ストレッチができなかった日でも、整体ショーツを履いているだけでとっても安心できますよ。

 

腰痛などで苦しむ方へ正しい考え方をお伝えしたい!をモットーにする
「整体ショーツ」の水先案内人。
パワーストーンとワンコとぬか漬けが好き。