就寝中の骨盤ケアはベルトより整体ショーツNEO+がおすすめ!

就寝中の骨盤ケアはベルトより整体ショーツNEO+がおすすめ!

最近は寝るとき用の骨盤ケアグッズがたくさん出ていますよね。

日中の骨盤ケアやトレーニングももちろん大切ですが、就寝中もケアしたいという人が増えているのでしょうか。

確かに寝ている時間は長いので、しっかりとケアをしておけば、次の日の体が楽そう!というイメージもあります。

実際に寝ているときには骨盤ケアをしたほうがいいのでしょうか。

今回は就寝中の骨盤ケアのメリットやデメリット、またケアするのであればどのようなグッズが最適なのかを調べてみました。

骨盤ケアグッズを探している方は参考にしてみてくださいね!

 

 

寝ているときも骨盤ケアをした方がいい?

骨盤の骨

そもそも睡眠時の骨盤はどのような状態なのでしょうか。

寝ているときには寝返りで骨盤を整えている

就寝中は寝返りを打ちますよね。

この寝返りは日中にゆがんだり、開いたりした骨盤を元に戻すための無意識の行動だそうです。

特に寝ているときは体はリラックスしている状態。

筋肉や骨が動きやすい状態なので、骨盤の位置を正しい位置に戻すのには最適な時間だそうなのです。

骨盤のゆがみや開きなどのデメリットはよく知られていますが、肩こりや腰痛、頭痛などの不快症状が「たくさん寝たらマシになった!」というのは寝返りで骨盤のゆがみを修正しているからなのでしょう。

骨盤が整っていると、血行もよくなり、前日パンパンだった足のむくみがとれていることも。

しっかりと寝て、寝返りをしっかり打つことは、体の回復にとても重要なことなのですね。

就寝時に骨盤ケア商品は必要?

自然と寝返りで整えてくれているなら、特別に骨盤ケア商品でケアをしなくてもいいのでは?と思う方もいるでしょう。

確かにきちんと寝返りをとれていれば、ケア商品を使わなくても問題はないのですが、寝姿勢にクセがついてしまっている人も少なくありません。

  • いつも同じ方向を向いて寝ている
  • うつ伏せで寝ている
  • 子どもやパートナーと一緒に寝ていて、自由に寝返りが取れない
  • 足をクロスするなど、いつも同じような寝姿勢になっている

これらのような寝姿勢のクセがある人は、寝返りが十分にできていない可能性があります。

寝姿勢のクセは骨盤のゆがみが関係していることがほとんどです。

また、就寝時間が短い、日中デスクワークばかりでゆがみの程度がひどい場合は、就寝中の寝返りだけではケアしきれないかもしれません。

そのため、骨盤ケア商品を使って骨盤を整えながら、寝姿勢のクセを修正し、寝返りを自由に打てるようにするといいでしょう。

 

 

就寝中の骨盤ケア商品には注意が必要!

朝起きると腰が痛い

就寝時の骨盤ケアのひとつの方法として、骨盤ケア商品を使うのは有効なのですが、注意点も存在します。

特に骨盤ケア=骨盤ベルトというイメージをお持ちの方も多いですよね。

私自身も以前骨盤ベルトをつけ、骨盤をしっかりと締めた状態で寝ていることがあったのですが……

実はこれ、あまり好ましくないようなんです。

就寝中の骨盤ケアの注意点

寝ているときに骨盤ケアをする商品は外したほうがいいという情報もよくありますよね。

その理由には次のようなものがあるようです。

締め付けすぎると血流が悪くなる

「骨盤はきっちりと締めれば締めるほど良い!」と思っている方はいませんか?

女性の場合はしっかり骨盤ベルトを締めるとなんだかダイエット効果もありそうな気になり、ぎゅっと締めたくなっちゃう方もいますよね。

しかし、骨盤を締めすぎると血流やリンパの流れが悪くなってしまうのです。

血流やリンパの流れが悪くなると、手足の先が冷えたり、翌朝むくんでしまったりと悪影響を及ぼします。

就寝中は苦しくてもなかなか緩めることができないですし、外すために一度起きなければいけなくなると、十分に睡眠時間を確保できません。

リラックスして寝られない

寝ているときに骨盤ベルトなどの商品がずれたり、つけていてお腹が苦しく感じたりすると、リラックスして寝られません。

日中の疲れをとるための就寝中です。

骨盤ケアグッズのためにリラックスして寝られないなんて、悲しいですよね。

就寝中の骨盤ケアにはベルトよりも履くだけのショーツタイプがおすすめ

ご紹介したような注意点の通り、骨盤ベルトは就寝中の装着にはあまり向いていません。

寝返りを打つたびにずれやすく不快なだけでなく、つける位置がずれると骨盤ケアの意味がありません。

かといって、ずれないようにぎゅっと締めてしまうと苦しくなってしまいがちですよね。

そのため、ショーツタイプがおすすめなのですが、ショーツタイプでも注意したい点があります。

次のような注意点を参考に、骨盤ケアのショーツを選ぶといいですよ。

金具などがついていないものを選ぶ

ショーツのように履くものの、お腹の部分でベルトを巻くような商品がありますよね。

サイズが調節でき、骨盤をしっかりとサポートしてくれるのですが、その調整部分には金具やマジックテープがついていませんか?

日中はいいのですが、就寝中はその部分が体に当たって痛く、寝返りしづらい、リラックスして寝られないということになりがちです。

タグなども日中は気にならないものの、就寝中はそれが気になったり、刺激となって痛くなったりする場合も。

寝る時に邪魔になりそうなものができるだけついていないものを選ぶといいですね。

サイズは苦しくないものを選ぶ

就寝中だけでなく、日中も履いても苦しくないサイズのものを選びましょう。

緩すぎるのも十分なケアができない可能性がありますので、今の自分に合ったサイズを選ぶのがポイントです。

 

 

就寝中の骨盤ケアは整体ショーツNEO+がおすすめ

枕

就寝中の骨盤ケアに向かない商品についてご紹介しましたが、就寝中の骨盤ケアにおすすめなのはずばり、「整体ショーツNEO+」です。

整体ショーツNEO+はショーツタイプの骨盤ケア商品で、履くだけで骨盤ケアできるというもの。

寝るとき用の専用商品ではありませんが、だからこそ夜も朝起きてから日中もずっと履いたままでいられますよ。

締め付けるタイプの骨盤ケア商品ではなく、骨盤をすっと立ててくれるタイプで包み込まれるような感覚のものです。

寝ているときもさりげなく、骨盤のゆがみを整えるサポートをしてくれますし、寝返りの邪魔にもなりません。

気になる金具やマジックテープはついておらず、本当に”履くだけ”。

また、従来の整体ショーツNEOよりもお腹やお尻の部分の生地が改良されています。

どんな寝姿勢をとっても「タグや金具などが当たって痛い」「ズレて気持ち悪い」などを感じることなく、リラックスして眠れるでしょう。

サイズはS、M、L、LLの4種類。

ご自身にあったサイズを選べば、就寝中もしっかりと骨盤ケアができますよ!

 

 

まとめ

目覚め

就寝中の私たちの体は寝返りを打つことで、日中にゆがんでしまった骨盤を整えてくれていることが分かりました。

しかし、あまりにもゆがみ過ぎていたり、寝姿勢にクセがあったりすると、寝返りだけで修正することは難しいようです。

そんな時には今回ご紹介したような、骨盤ケア商品を使用して寝てみるのがおすすめです。

さりげなく骨盤のゆがみを整え、自然な寝返りを打つことをサポートしてくれますよ。

ただし、中には就寝用の骨盤ケア商品と銘打っているものの、骨盤を締め付けすぎたり、寝返りするとズレてしまうものもあります。

整体ショーツNEO+なら、その点は安心です。

普通のショーツを履く感覚で、締め付け感もないので、リラックスして寝られますよ。

就寝中はしっかり寝返りを打ち、たくさん寝て、毎朝すっきり起きられるようになりましょう!

 

 

整体ショーツNEO+ .整体ショーツNEOプラス .骨盤ショーツ

肩こり、腰痛、生理痛と三大苦が悩みのタネ。健康グッズを試すのが大好き。