「整体ショーツ」開発者 小林篤史氏インタビュー 

「整体ショーツ」開発者 小林篤史氏インタビュー 

「履くだけ」で骨盤をスッと立てることができる、履くだけ整体(R)シリーズ「整体ショーツ」。

その開発者である小林篤史氏は、株式会社ボディスプラウトの代表であり、これまで2万人もの人に猫背矯正の施術をしてきた「猫背矯正の専門家」でもある。

猫背矯正の専門家である小林篤史氏が、なぜ骨盤に注目した整体ショーツを開発したのか。

整体ショーツを開発した経緯、こだわったことや苦労した点、またどんな人に整体ショーツを履いてもらいたいかなどを伺った。

整体ショーツを開発した経緯

整体ショーツ

家庭でのセルフケアの重要性

そもそも私たちは、治療家として患者さまに施術をしますよね。
でも、施術をした後、結構な確率で元に戻ってしまう方が多いというのが実情です。

その一番の原因は、患者さま自身の問題です。

例えば、生活習慣。
仕事はどんな仕事なのか、一日中デスクワークで背中を丸めてパソコンを打っていたら、身体も悪くなります。

人間の本来の仕事は、動かすためにできているのに、ずっと固めてしまっているわけです。
そういう環境だと、身体が悪くなる。

また、食べ物とか、家庭環境も影響すると考えています。

そういうものを踏まえて考えたとき、家庭でのセルフケアがとても重要だと気付いたのです。

逆にセルフケアさえしっかりできていれば、身体はそれほど悪くはならない。
でも、そのセルフケアのやり方が皆さんわからなくて困っているのでは、と思いました。

 

ただ「履くだけ」というスタイル

なので、手軽に、簡単に、これだけすればいい、というものがあればと考えたとき、「履くだけ」というキーワードが浮かびました。

「履くもの」でできるものは、と、初めはスパッツやタイツなど、そういう類のものを考えました。
でも、スパッツやタイツは履く人と履かない人がいる。
特にタイツは季節性があるから、一年中は履けません。

だったら、ショーツ形式にしようと。
そして今回、女性用の整体ショーツを開発しました。

 

最もこだわったこと

整体ショーツ開発者 小林篤史氏

他社製品は全て締める方向が全部「逆」だった

一番こだわったことは、ずばり効果です。

ちまたには、様々な商品が出回っています。
私たちは、骨盤矯正系のショーツを全て買って、試しました。
女性スタッフに実際に履いてもらったのです。

そうしたら「なんか締まってるけど、なんか違う」と。
腰が痛くなったりして、要は「よくわからない」と口々に言いました。

私たちが買ったもの全て、実はこれらは「骨盤矯正ショーツ」ではなかったのです。

骨盤矯正系ショーツのホームページなど色々なものを調べて、よく見てみました。
すると、骨盤を締める方向が全部「逆」でした。

締める方法、それに骨盤の傾きも逆になっていました。

 

骨盤がきちんと立てば女性の腰痛の8割は改善する

本来、骨盤というのはピッと立てなくてはいけないのに、ヒップアップさせる仕様になっていたのです。

そうすると何が悪いかというと、負担が全て腰にかかってしまうわけです。

私は、ヒップアップしていた骨盤が、ピッと立つだけで、女性の腰痛の8割方は治せると思っています。

市販のショーツを買ってきて、テーピングを貼って「こんな感じで作ってください」と製造メーカーにお願いしました。

実際、出来上がってきたサンプルを履くだけで骨盤が立ったんです。
あ、これならいける、と。

 

開発の際に苦労した点

整体ショーツ開発者 小林篤史氏

男性開発者では気づかなかった意外な発見

サンプルを作ってみて、骨盤は立つには立ちました。

ただ、私は男性なので、具体的に「女性の悩み」というものがわかりません。
ただ骨盤が立つようなショーツになればいい、と思っていたのです。

でも、履いてみたら、そけい部のラインが苦しいとか、しゃがんだ時にお腹が苦しいとか、そういう意見もあって。

あと、意外だったのが、お腹部分でした。
私は女性のショーツ、つまりパンティを想定していました。
逆三角形のパンティの形状ですね。

そうしたら、股上がもっと長いほうが好まれるということがわかりました。
股上が短いと、お腹のお肉が乗っちゃうんですね。
そんなこと、私は全く想像もしていなかったので、とても意外でした。

なので、実際に女性スタッフと何度も話し合いを重ねました。
女性でないと、わからない発見がいくつもありました。

 

他の矯正グッズと「整体ショーツ」はどこが違うのか?

「履くだけ」だから毎日続けられる

一番は、履くだけでいいという手軽さです。

産後の骨盤矯正系のグッズでロングセラーになっている商品がありますよね。
他にも、ゴムベルトを巻き付けるダイエットも流行りました。

でも、あれらは巻かなくちゃいけないのが難点です。

また、どこに、どのように、どんな強さで巻き付けたらいいのかわからないという人が多いとも聞きました。

あとは、とりあえず巻いてみたけど、擦れて痛いとか。

毎回巻き付けないといけないとなると、だんだん巻くのが面倒になってくるわけですね。

でも、この整体ショーツは、直履きも可能な商品で、本当に「履くだけ」で簡単です。
履くだけで骨盤が締まるならば、毎日履けますし、家庭でのセルフケアにも気軽に取り入れることができますよね。

しかも、ほかの骨盤矯正系のショーツは締め方が強いことがありますが、この整体ショーツはそれほど締まってる感じはしないんだけど、すごく楽で支えられている感じがする、というのを実現しています。

 

デザイン面での特長

整体ショーツ開発者 小林篤史氏

はじめに開発した整体ショーツもアウターに響きづらいようにしましたが、今回新しく開発した「整体ショーツNEO」は、素材がより薄くなっていて、アウターに響きにくいよう、あえてレースも外しました。

色もブラック以外に、新たにベージュもご用意しました。

シーンにより、二色を使い分けることが可能です。

また、お尻の部分もより食い込みにくくし、お腹部分の丈も長くしました。

 

 

「整体ショーツ」をどんな方に履いてもらいたいか?

整体ショーツ

腰痛や尿漏れなど身体のトラブルで悩む女性へ

一番は、身体のトラブルを抱えている女性です。

腰痛もその一つです。
骨盤が開いてしまって、お尻が大きくなってしまったという方もいらっしゃるかもしれません。
あとは、出産後の尿漏れに悩んでいる方。

この整体ショーツを「履くだけ」で、様々なトラブルを改善できます。

整体ショーツは、そのような骨盤周りでお悩みの方のトラブルに対して、骨盤を締めれば改善できるということを、唯一体現できている商品だと思っています。

 

O脚や、ねこ背で悩む方にも最適

意外とこういう方も履いたほうがいいいというのは、O脚の方です。
ねこ背の方もそうですね。

O脚というのは、たいていガニ股だと思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、実は内股である方が多いのです。

O脚のほぼ8割以上は内股です。
この整体ショーツは、内股を矯正するような締め方をしているので、O脚の方にも履いていただきたいですね。

また、ねこ背で重要なのは「骨盤を立てること」です。
ねこ背については、私の著書(『ねこ背は10秒で治せる!』)で詳しく解説していますが、その骨盤を立てるということを実現しているのが、整体ショーツなので、ぜひ使っていただきたいです。

 

 

今後の「整体ショーツ」のビジョン

整体ショーツ開発者 小林篤史氏

新たな商品の開発への取り組み

そもそもどんな構想で私たちが整体ショーツを作ったのかというと、働いていたり、育児をしているママたちに笑顔を送るというのが、一番のコンセプトでした。

なので、ママたちにどんどん使っていただきたいし、広めていただきたいなと思っています。

この整体ショーツは、「整体ショーツ」と「整体ショーツNEO」という商品の二種類で現在展開していますが、お客様のご要望を反映した商品開発にも取り組んでいます。

たとえば、ロング丈にしてほしいという要望や、姿勢や尿漏れにもっと特化したような整体ショーツの開発です。

サニタリーバージョンについては、すでに試作品を作っているので、近日中に商品化する計画です。

男性用整体ショーツも開発中

また、実はこんな声も多く上がっています。
「男性用の整体ショーツはないの?」という声ですね。

男性が骨盤で悩むというのは、たぶんそんなにないと思います。
でも、腰痛の原因が骨盤からきていることはけっこう多いのです。

男性のお客様の声も反映した、男性用整体ショーツについても、近日中に開発、展開していく予定です。

株式会社ボディスプラウトしての使命

「この商品買って良かったな」と思っていただけるような商品、今までにない健康商品・サービスを提供し続けて、どんどん開発していくので、楽しみに待っていただければと思います。

女性にしても、男性にしても、お客様の悩みを専門家の目線で見て、期待に応えていくことが、私たちの使命だと考えています。

 

 

 

 

腰痛などで苦しむ方へ正しい考え方をお伝えしたい!をモットーにする
「整体ショーツ」の水先案内人。
パワーストーンとワンコとぬか漬けが好き。