産後の寝不足は6年続く!?ぐっすり眠れる整体マットレスとは?

産後の寝不足は6年続く!?ぐっすり眠れる整体マットレスとは?

妊娠前・妊娠中・出産後の親4,659人の睡眠時間と満足度を調査した研究結果が米国の医学誌Sleepに掲載されました。

産後の睡眠不足は子供が生まれてから6年間続き、特に母親は初産後3カ月で睡眠時間が1時間以上減少し、6年経っても妊娠前の睡眠状態には戻らないという内容です。

参照記事:新米ママパパの寝不足は6年間続く|あなたの健康百科|Medical Tribune

この記事を書いてるライターMizukiも8歳と5歳の2児の母ですが、「その通り」と思わず頷きました。

悩むひと
悩むひと
朝起きた時が1番疲れてる…。

スッキリした目覚めには程遠く、夜中も「トイレ行きたい」「のどが渇いた」と起こされ慢性睡眠不足です。

研究結果にあるように産後3ヶ月あたりが授乳や夜泣きで寝不足のピークでしたが、卒乳後すぐに長時間寝れるようにはなりませんでした。

乳児から幼児に成長しても子どもの夜泣きがピタッとなくなるわけではなく、トイレトレーニングなど新たな寝不足の原因も出てきます。

 

第2子・第3子と誕生すれば更に寝れない環境になりますし、子どもとの添い寝で身体がしんどいまま過ごしているママが多いです。

 

「睡眠不足はイライラのもと、子どものために良質な睡眠をとりましょう。」

 

よく耳にしますが、睡眠不足の悪影響はママも身をもって知っています。

悩むひと
悩むひと
それでも育児中は満足に寝れません。大変すぎます…。

 

子どもの夜泣きやおねしょなどはコントロールできなくても、
産後の睡眠不足に対して出来ることはないのでしょうか?

整体ショーツの開発者 小林篤史
整体ショーツの開発者 小林篤史
眠る環境や姿勢を工夫してみてはどうでしょう?

 

実は産後のママの寝不足の原因の一つは、寝ている時の姿勢にあります。

 

4児の父親でもある整体のプロが、寝る時の姿勢に着目してお子様と一緒に使えて睡眠の質をあげる整体マットレスを開発しました。

どのような姿勢で寝ると、身体の疲れが効果的に取れるのかお話します。

 

\洗えて安心♪お子様とご一緒に/

整体マットレスSLEEPlus詳細はこちら >

〜寝起きスッキリを叶える〜

「身体が痛い」「疲れがとれない」は寝姿勢に問題アリの可能性

寝起きに「腰や背中が痛い」「身体が重くてだるい」などスッキリ起きられない場合、寝てる時の姿勢に問題がある場合があります。

その根本的な原因は、ベットやマットレスかもしれません。

柔らかすぎるベットやマットレスで寝ていませんか?

柔らかいマットレスで寝ると、身体が痛くなったり疲れが取れない理由は身体をちゃんと支えられないからです。

柔らかいマットレスだと身体が沈み込みすぎてしまい、特に背中や腰が不自然な形になって筋肉や関節に負担がかかります。

寝起きの「腰イタ」「背中がカチコチ」はこのためです。

 

良いマットレスは身体の各部分を均等に支え、背骨が自然な形になるようにしてくれます。

これにより、寝ている間に体がしっかりと休まり、朝起きたときに疲れが取れたと感じることができます。

寝返りできていますか?

柔らかすぎるマットレスは寝返りがしにくいです。

寝返りは、血流を良くし圧力を分散させ、筋肉のこわばりを緩めるために重要です。

柔らかいマットレスだと、身体が沈み込みすぎて動きにくく、寝返りをするのに余分な力が必要になります。

そのため寝返りが減り、疲れがとれにくくなります。

寝汗すごくないですか?

起きた時の背中や、マットレスの下に熱気がこもっていませんか?

寝ている時は特に

身体からの熱や汗をかきやすくなります。

通気性の悪いマットレスは体の熱がこもりやすく、寝ている間に体が暑くなりすぎて快適に眠れなくなります。

暑くなると深い眠りが妨げられ、何度も目が覚めてしまいます

とくに授乳中や子どもは体温が高いので、汗をかきやすくなっています。

快適な眠りには、熱を逃がして体温を調節できる、通気性の良いマットレスが必要です。

疲れをとる寝姿勢3つのポイント

これら3つのポイントを抑えたマットレスが、疲れをとりやすい寝姿勢に導きます。

  1. 弾力性のあるマットレスで身体が沈み込みすぎない
  2. 寝返りのしやすさ
  3. 通気性のよさ
悩むひと
悩むひと
でも、子どもが小さい時は良いマットレスを買っても汚されそう。

吐き戻しやおねしょなど、子どもが使う寝具は汚れます。

また、産後に一時的に布団で寝ているなど子どもの成長具合によっても使う寝具が変わるので、子育て真っ只中のママがマットレスにこだわれない背景も…。

 

 

「出産前はベットだったけど、子どもが生まれてからは危ないから布団に変えた。」

「いつかはベットに戻りたいから安価で使い捨てできるマットレスで寝ている。」

 

 

汚れや使用期間を考えて、身体に合っていないと分かっていながら「期間限定だし我慢しよう」と今あるマットレスを使い続けている方が多いのではないでしょうか。

けれど、その期間限定が6年(それ以上も…!)続くとどうなるでしょう。

 

整体ショーツの開発者 小林篤史
整体ショーツの開発者 小林篤史
そこで子育て中の心配事をなくし、疲れをとる姿勢を叶えた整体マットレスSLEEPlusを開発しました。

 

整体マットレスSLEEPlusについてはこちらで詳しく解説しています。

よくあるマットレスとココが違う!整体マットレスSLEEPlus

ママがうれしい「整体マットレスSLEEPlus」5つの特徴

快適な睡眠が取れたとしても、扱いにくいマットレスは取り入れにくく家事の負担を増やします。

「整体マットレスSLEEPlus」がママに喜ばれるポイントは以下の5つです。

1.快適な寝姿勢で睡眠の質を高める

 

「整体マットレスSLEEPlus」は高性能クッション素材エラーラッセルを使用しており体圧分散に優れています。

体重を均等に分散し、肩や腰に負担がかかりにくいので朝起きたときの体の痛みが減ります。

また、全身をバランスよく支えてくれるので、自然な姿勢を保ちやすく寝返りを妨げません。

適度な硬さがあり、体が沈みすぎずにしっかりサポートされるため、睡眠の質を高めます。

授乳やおむつ替えは減らせないけど、睡眠の質はあげられる。
うれしい人
うれしい人

2.水洗いできるから子どもと一緒でも安心

 

子どもがある程度大きくなるまで、汚れるのは仕方がないこと。

けれどマットレスが汚れるのは大変です!

「整体マットレスSLEEPlus」が子育て中のママでも安心して使える理由は、水洗いOKだからです。

「整体マットレスSLEEPlus」の中材はエラーラッセルという太いポリエステルで構成されているため水を吸水しません。汚れがつきにくく、シャワーで水洗いができるので清潔に保てます。

布団やマットレスの汚れや匂いがとれず、困った経験はありませんか?

トイレトレーニングが終了と同時に処分しようと思ってた…。とはいえ、マットレスは後処理が大変で洗えるのは嬉しい!
うれしい人
うれしい人

子どもが赤ちゃんの頃はもちろん、小学生の頃でも季節性の嘔吐の風邪などで布団やマットレスは汚れたりします。

洗えるマットレスというのも珍しいですが、整体マットレスとして高機能で洗えるというのは更に希少ではないでしょうか。

3.通気性がいい

疲れをとる寝姿勢のポイントでもあり、子どもと一緒だと気になる通気性の良さ。

子どもは汗をたくさんかくし、布団をあげたら床に湿気がたまっていた経験はありませんか?

悩むひと
悩むひと
忙しくて布団を敷きっぱなしにしていたらカビていた…

 

「整体マットレスSLEEPlus」の通気性の良さは、メンテナンスのしやすさでもあります。

 

壁にサッと立てかければOK!
うれしい人
うれしい人

熱がこもらずに眠れて、管理もしやすい。

子育て中は通気性の良さもマットレス選びで重要なポイントです。

 

4.持ち運び可能で生活スタイルの変化に対応

 

「整体マットレスSLEEPlus」は専用バックで持ち運びが出来ます。

子どもが小さいうちは1階で寝て、大きくなったら2階の寝室へ戻るというご家庭も多いですよね。

添い寝をしているママも、いずれは別々で眠ることを考えていると思います。

大きなマットレスやベットは移動が大変ですが、「整体マットレスSLEEPlus」はコンパクトで軽く移動が簡単です。

また、ベットの上にもお使い頂けるので幅広い生活スタイルに対応できます。

子どもが大きくなっても無駄にならなさそうね〜
うれしい人
うれしい人

5.へたりにくく熱に強い

「整体マットレスSLEEPlus」の中材は、高機能クッション素材のエラーラッセルを使用しています。

つぶれやヘタレに強い立体構造で、50%圧縮を8万回行った耐久テストでは復元率94.9%をキープしています。

抜群の耐久性で子どもが大きくなっても使えそう♪
うれしい人
うれしい人

また、エアーラッセルはポリエステルなので熱に強く丈夫です。

「整体マットレスSLEEPlus」は電気毛布や湯たんぽも安心して使用できます。

【整体マットレスSLEEPlus】

ママにこそ「ぐっすり眠れる」環境が必要

ママは出産後に、睡眠環境がガラリと変化します。

子どもの夜泣きや生理的欲求は、コントロールできませんし予測も難しいです。

けれど寝姿勢を見直すことで、短い睡眠時間でも質を高めることが出来ます。

疲れを取りやすい姿勢のポイントは、以下の3つです。

  1. 弾力性のあるマットレスで身体が沈み込みすぎない
  2. 寝返りのしやすさ
  3. 通気性のよさ

先進国の研究でもわかるように産後の寝不足は6年続きます。

悩むひと
悩むひと
子どもの成長は早くても、ママの身体はボロボロに…

 

  • 子どもと一緒に寝れる幸せは今だけ
  • いつかはぐっする眠れる

 

けれど、女性の社会進出が進む中、仕事・育児・家事と多くの役割を求められるママたちです。

子どもの状態や忙しさはコントロールできなくても、身体の疲れが取れるように寝姿勢を見直してみてはいかがでしょうか。

 

\洗えて安心♪お子様とご一緒に/

整体マットレスSLEEPlus詳細はこちら >

〜寝起きスッキリを叶える〜

寝起きの腰痛の原因と寝返りの重要性

コメント

コメントする

名前
年代
内容